他の金融商品との違い

「くりっく株365」と「日経225mini」の違い

  • 「くりっく株365」は取引期限がないので、じっくりと投資ができます。
  • 「くりっく株365」では金利・配当が受払いされることから、より現物の日経225に近い価格で取引できます。※「日経225mini」は金利・配当があらかじめ価格に含まれており、現物の日経225の価格と異なる。
  • 「くりっく株365」は呼値が1円単位だから、細かい利食い・損切りが可能。
日経225証拠金取引
(金融取「くりっく株365」)
日経225mini
(大阪取引所)
取引期限 なし あり(約3ヶ月)
取引時間 8:30 ~ 翌6:00
※米国ニューヨーク州夏時間適用時間は翌5:00まで
9:00 ~ 15:10
16:30 ~ 翌5:30
金利相当額 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
取引単位 100倍 100倍
呼値単位 1円 5円
呼値の変動による損益 100円 500円
ロスカットルール あり なし
休業日 土日・元旦(1月1日が日曜日の場合は1月2日) 土日・祝祭日

「くりっく株365」と「店頭CFD取引」の違い

  • 「くりっく株365」では複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、その時点における最も有利な価格が提供される。
  • 「くりっく株365」の金利相当額は、受取側と支払側で同額。
「くりっく株365」 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間

「日経225証拠金取引」は、原則、土・日・1月1日(1月1日が日曜の場合は1月2日)を除いた毎日ほぼ24時間取引可能。(海外指数は取引時間が異なる)

取扱会社によって異なる

投資家保護
(一般投資家)

日本投資者保護基金の対象

適用されない

取引価格

複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を提供する仕組み

CFD取扱会社により提示された価格での取引

完全マーケットメイク方式
完全マーケットメイク方式
 ご注意 

各商品では複数のマーケットメイカーが常時レート提示を行うことになっておりますが、一時的にレートを提示するマーケットメイカーが1社だけとなってしまったり、またはレート提示がなくなる可能性もあります。

金利相当額

受取側と支払側で同額の”一本値”。

一般的に ”買い手>売り手” に設定。


page
top